在校生・保護者の方へ

HOME › 在校生・保護者の方へ:遅刻・欠席連絡

休校等の措置について

警報の種類

気象庁ホームページへ

暴風・暴風雪・大雨・洪水・大雪の特別警報・警報を対象とする。
その他の特別警報・警報や注意報は該当しない。

対象地域

兵庫県全域、兵庫県南部、兵庫県阪神、神戸市・芦屋市・西宮市・宝塚市のいずれかを対象地域とする。
なお、これら以外の生徒の居住地に特別警報・警報が出ていて、保護者および生徒本人が危険と判断した場合は、その判断に従って行動し、後で担任・訓育に届け出る。この場合は出席扱いとする。

テレビやラジオなどで「阪神地域」という表現が「阪神地域の一部の市・町」だけを対象としている場合があるので「神戸市・芦屋市・西宮市・宝塚市」が該当しているかを気象庁のWebページ(http://www.jma.go.jp/jp/warn/332_table.html)等で必ず確認してください。
なお、特別警報・気象警報などの情報を配信されている「 ひょうご防災ネット 」へのご登録もお勧めします。

特別警報・警報が出た場合の措置

  1. 午前6時までに解除されたときは、平常通りの授業を行う。
  2. 午前7時30分までに解除されたときは、9時30分始業で、40分授業。
    4月の始業式(入学式)を除く始業式や終業式のときは、正午(12時)までに解除された場合、解除された時刻の2時間後に始業。
  3. 午前7時30分に解除されていないときは、休校。
    4月の始業式(入学式)を除く始業式や終業式のときは、正午(12時)に解除されていない場合、休校。
  4. 始業後警報が出た場合は、校長の判断に従う。
  5. ※交通機関の被害その他の理由で止むを得ず遅刻または欠席した者は、担任・訓育に申し出て出席扱いの措置をうける。

災害時の列車の運休や交通ストの際の措置

  1. 阪急及びJRのいずれか一方または両方がストを行った場合、下記の通り定める。
    a.午前6時までにストが中止されたときは、平常通りの授業。
    b.午前7時30分までにストが中止されたときは、9時30分始業で40分授業。
    4月の始業式(入学式)を除く始業式や終業式のときは、正午(12時)までにストが中止された場合、中止された時刻の2時間後に始業。
    c.午前7時30分にストが中止されていないときは、休校。
    4月の始業式(入学式)を除く始業式や終業式のときは、正午(12時)にストが中止されていない場合、休校。
    (注)阪急・JR以外の交通機関(阪神・山陽・神戸・能勢・神戸市営地下鉄などの各電車、市バスなど)がストのときは平常通りの授業を行う。
  2. 部分スト(間引き運転・改札ストなど)の場合は、平常通りの授業。
  3. 地震・洪水などの災害によって交通機関が運休となった場合も上記1に準ずる。
    ただし、阪急は神戸本線、JRは東海道・山陽本線の大阪―西明石間について適用する。
(注意) 上記の交通スト・災害による交通障害、特別警報・警報の規定にあてはまらない場合であっても、保護者及び本人が登校することが困難であると判断し、やむを得ず遅刻・欠席した場合は、担任・訓育等に届け出ること。この場合は遅刻・欠席扱いとならない。

その他の措置

上記以外で特別の措置が必要な場合は、校長の判断に従う。その場合の連絡は、メールによっておこなう。

▲ページトップへ