HOME › ふるさと納税制度によるご寄附について

ふるさと納税制度によるご寄附について

1.ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。)。
例えば、年収700万円の給与所得者の方で扶養家族が配偶者のみの場合、30,000円のふるさと納税を行うと、2,000円を超える部分である28,000円(30,000円-2,000円)が所得税と住民税から控除されます。

2.控除を受けるには

控除を受けるためには、原則として、ふるさと納税を行った翌年に確定申告を行う必要があります。ただし、確定申告の不要な給与所得者等は、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内である場合に限り、ふるさと納税を行った各自治体に申請することで確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用することが可能です。

3.神戸市のふるさと納税

神戸市ではこのふるさと納税制度を利用した私立高等学校への助成を開始しました。寄付者が支援したい私立高校を選択してふるさと納税を行いますと、寄付を受けた神戸市は寄付額の90%を寄付者が指定した学校へ助成し、残りの10%を神戸市の教育振興に活用する仕組みです。
なお、この制度においてご寄附いただける方のご住所に限りはございません(神戸市在住の方もご利用いただけます)。

4.ご寄附について

上記のとおり、神戸市ふるさと納税を利用して本校へのご寄附を指定していただきますと、ご寄附いただきました額の90%が本校の教育環境の充実、スポーツ・文化活動等行事への補助金となります。
ご寄附の金額については一定額を設けておらず任意の額をご寄附いただけますが、ご自身の所得に応じ、他の自治体へのふるさと納税も含めた合計額に上限がございますのでご注意ください。

なお、神戸市へのご寄附の手続きの際、よろしければご住所・ご芳名を明記くださいますようお願い申し上げます。

【ご寄附の例】

例えば、この制度により神戸市に10万円をご寄附され、本校を支援先としてご指定いただいた場合、

寄付者
10万円

支援する学校を特定して寄付
神戸市
9万円

指定された学校に助成
※1万円は神戸市の教育振興に活用
学校

次のとおり税金の控除が受けられます。

所得税

19,600円

市県民税

78,400円

合計

98,000円

・寄付者は10万円の寄付で合計98,000円の税金控除を受けられます。
・寄付を行われた翌年の税金から控除されます。

・所得等に応じ、ふるさと納税の控除対象上限額がありますのでご注意ください。

感染症と出席停止について